• HOME
  • 研究部会の紹介

研究部会の紹介

 

リスク・マネジメント研究部会

リスクマネジメントは、企業が直面するあらゆるリスクを対象とする、エンタープライ ズ・リスクマネジメントに移行しつつあります。ナレッジマネジメント学会ですから、リスクマネジメントの専門家に拘ること なく、色々な分野のメンバーにより、新会社法・内部統制下におけるエンタープライズ・ リスクマネジメントの実践的な討議と研究を行っています。毎年10回開催【3月(学会総会)8月(夏休み)】で7年目に入り7月で第64回です。
 


 

組織認識論(認知的組織科学)研究部会

組織認識論は,経営者認知及び組織的認知,もしくは組織の中での知識に注目する領域であるために,ナレッジマネジメントも組織認識論の一領域である。そこで,この研究部会では,組織認識論での諸研究から、ナレッジマネジメントを理論的に位置づける。また、組織科学において認知的とされる研究を紹介することを目的とする。座長は、神戸大学加護野忠男先生で大阪学院大学、喜田昌樹が事務局となっております。
 


 

東海部会

東海部会は2000年4月、「ナレッジ・マネジメント研究会」として発足し、名古屋を中心とする東海地区へのナレッジ・マネジメントの理論や事例の紹介・普及を目的に活動して参りました。
 2004年6月からは企業経営の現場でのナレッジ活用の具体的状況を探り、ナレッジと企業業績との関連の解明を目指す「企業調査プロジェクト」を立ち上げ、現在までに(株)ダイセキ、武蔵精密工業、(株)シイエム・シイの各社について検討を進めて参りました。
(詳細については東海部会HP http://www.kmsj.org/tokai/ をご覧下さい)

LinkIcon東海部会ホームページ


 

多様性研究部会

違いを力に、喜びに・・
多様性研究部会は個々の価値と促進のあり方を明らかにし、そのナレッジの実践者として組織・社会に貢献することを目的としています。
研究活動は組織における多様性研究の切り口としてジェンダー(男女)、雇用形態/経験、国籍/文化の3つを重点フィールドとして考察・実証を行い、多様性の価値とその促進を支えるものは何かを共有し発信していきます。

LinkIcon多様性研究部会ホームページ


 

「知の創造」研究部会

知の創造研究部会では、先進企業における知の創造がどのような要因や条件により促進されるのか、また企業内外の環境変化に適応した知の創造と経営革新のプロセスを事例研究(インタビュー調査書を活用)による探索から明らかにします。異業種・異分野間の知的交流に富むクリエーティブな研究会を通じて、新たな知や発想の気付きなどを共有・協創し、「知の創造を促進するマネジメント・モデル」の類型化を目指します。

LinkIcon「知の創造」研究部会ホームページ(仮)


 

ソーシャルメディア部会

ソーシャルメディア部会はテレビの完全デジタル移行、新聞や書籍のインターネット版への移行など、21世紀型のメディアの変化を踏まえたインターネットを介したコミュニティ運動を対象として活動します。対象はSNS、ツイッター、ソーシャルテレビ、グーグルテレビ(コネクトテレビ)などを扱いますが、その上に展開されるソーシャルビジネス、社会規範の見直し、マーケティングの変化、クラウドソーシングなどをテーマとします。またインターネットで部会中継を試みます。尚、部会長は株式会社Beat Communicationの小石裕介氏が担当します。

LinkIconソーシャルネットワーキング.jp


 

実践知のベストプラクティス研究部会

日本経済の底力は中小企業に負うところが多い。本研究部会では、中小企業向けKM実践知に関する、(1)指針・評価基準の検討、(2)事例研究、(3)ベストプラクティスの検討・展開、(4)出版化及び講座化の検討等の研究を行い、中小企業の発展や従業員の自己実現への貢献を目指す。

LinkIcon実践知のベストプラクティス研究部会ブログ「知の力日記帳」



 
  • 研究部会の紹介